環境の保全を図る事業

スカウトの日AM

R1.9.15(日)

 

目的:海岸林(保安林)の機能維持のための整備

 

場所:浜松市南区小沢渡・防潮堤・県有林

 

防潮堤の草刈りと海岸林(保安林)の整備を実施しました。

 

防潮堤は未だ工事中の為、沿岸整備課の方に時間内の入場をお願いしました。

 

刈った草は防草と肥料への効果を狙って苗木の元へ寝かせてきました。

 

海岸林の松は殆ど枯れて、まるでお化け屋敷のようです。

 

こちらは動力を使って大物の除去を主に行ってきました。

 

まだまだ暑い9月中、熱中症に注意して時間内の作業を頑張りました。

浜名湖クリーン作戦と干潟の生物観察

R1.6.2(日)

 

目的:自然と親しみながらゴミ拾いを通して未来と生物、環境問題を考える。

 

場所:浜名湖ガーデンパークの浜辺

 

毎年恒例の浜名湖クリーン作戦を浜名湖ガーデンパークの浜辺で実施しました。

 

今年はBLUE SHIPから戴いた青色のトングも活用しました。

 

トングでは拾えない大きなゴミや危険ゴミもありました。

 

ゴミは少なくなってきたようにも思いましたが、終わってみれば軽トラックいっぱいでした。

 

ゴミ拾いの後は浜辺の生物観察を実施しました。

 

丁度潮が引き加減だったので、いつもよりたくさんの生物を見ることが出来ました。

 

いつまでも生物がたくさんいる綺麗な海にしたいものです。

竹林整備とタケノコ掘り

令和元年5月11日(日)

 

目的:放置竹林の整備で地域への社会貢献を実施する。

 

場所:正泉寺竹林

 

「小さな親切」運動との連携で放置竹林の整備とタケノコ掘りを実施しました。

 

竹林が整備され日が差すようになり、タケノコもニョキニョキ出てくるようになりました。

 

そのまま放置すると全てまた竹になってしまいます。

 

伐り易いうちに撤去しました。

 

背丈を越える物は穂先タケノコとして利用。

 

未だ出たばかりの物はタケノコ掘り。

 

時期的に淡竹タケノコも大量に出現で生食利用。

 

大量のタケノコが整備成果物として採れました。

 

採ったタケノコは昼食時におかずにしました。

 

午後は竹林に秘密基地を作る準備を始めました。

 

完成後は秘密基地に寝泊まりしたいようです。

 

願いが叶うように一生懸命活動して下さいね!