第53期 平成30年4月1日~平成31年3月31日

団委員長方針

各部門における団方針

ビーバースカウト部門

 

  • 活動の中より自然に親しみ、生活技能、社会性、表現力等を伸ばし、カブスカウトへの上進を促す。

 

カブスカウト部門

 

  • 組活動を中心に各自が進歩課程にチャレンジして基本を習得し、ボーイスカウトへの上進を促す。

 

ボーイスカウト部門

 

  • 自分の責任を果たし、野外活動を主とした体験学習を通じて資質の向上を図り、ベンチャースカウトへの上進を促す。

 

ベンチャースカウト部門

 

  • 「ちかい」と「おきて」の実践及びグループワークの手法を用いたプログラム活動を通じて自ら考え行動し、その結果に責任を負うことができる様になる事を目指す。

 

ローバー部門

 

  • 「ちかい」と「おきて」を各自の生活により、より具体化させる機会を与えるとともに、自らの意思により社会に奉仕する精神と体力を養う事を目指す。

 

隊運営

 

隊指導者の後ろには常にスカウトがいる事を念頭において基本を忠実に実行し各部門としての目標が達成できる様に自己研鑽する。

 

平成25年10月19日

 

佐藤 誠

各隊の活動目標

 ビーバー隊:元気で仲良く!

 

   カブ隊:楽しく、元気に

 

  ボーイ隊:様々な体験を通して成長する

 

ベンチャー隊:地域社会への積極的奉仕


会の日程

 団会議:毎月第1日曜日 18:00~ 蒲公民館

 

団の訓育及び教育に関する事項を協議し、推進するため、団内各隊長及び副長による会議

 

団委員会:毎月第1日曜日 19:00~ 蒲公民館

 

団は育成母体により運営され、スカウト活動を実践する隊と、団の運営に責任を持つ団委員会で構成されます。

団委員会は、スカウト活動がうまくいくよう、リーダーを陰ながら支えるグループです。

役目は、リーダーの選任、指導者の養成、指導方針の監督、ボーイスカウト連盟への登録、地区や支部との連携、スカウト保険や団会計の管理を行う。

 

保護者会:毎月第1日曜日 20:00~ 蒲公民館

 

部門における隊運営を支援し隊指導者との連携を密にするための会議

 

 和の会:地区リーダー会後の日曜日 19:30~ 団ハウス

 

団のリーダーが地区や隊での情報をお互いに共有し、枠を超えた支援やスキルアップ講座などを実施して高度な隊運営を実現するため行われる会です。

 

*日程と場所は都合により変更になる場合もあります。

団の歩み

昭和40年 ボーイスカウト浜松15団 結成

 

昭和44年 世界ジャンボリー総決起大会参加(朝霧高原)

 

昭和45年 第5回日本ジャンボリー参加(朝霧高原)

 

昭和46年 第13回世界ジャンボリー参加(朝霧高原)

 

昭和48年 第8回アメリカナショナルジャンボリー参加

 

昭和49年 第6回日本ジャンボリー参加(北海道千歳原)

 

昭和50年 結成10周年記念行事(八幡宮境内)

 

昭和53年 第7回日本ジャンボリー参加(御殿場滝ヶ原)

 

昭和55年 結成15周年記念行事(東部公民館)

 

昭和57年 第8回日本ジャンボリー参加(宮城県南蔵王)

 

昭和60年 結成20周年記念行事(隊ルーム)

 

昭和61年 第9回日本ジャンボリー参加(南蔵王)

 

昭和62年 BS浜松15アマチュア無線クラブ(JF2ZDU)開局

 

平成2年 第10回日本ジャンボリー参加(妙高高原)

 

平成3年 第17回世界ジャンボリー参加(韓国)

 

平成6年 第11回日本ジャンボリー参加(久住高原)

 

平成8年 結成30周年記念行事(浜松アクトシティー)

 

平成10年 第12回日本ジャンボリー参加(秋田森吉)

 

平成12年 第5回日本ベンチャー大会参加(久住高原)

 

平成13年 静岡県連盟結成80周年記念大会県キャンポリー参加(朝霧高原)

 

平成14年 第13回日本ジャンボリー参加(大阪舞洲)

     第20回世界ジャンボリー参加(タイ王国)

 

平成16年 ホームページ開設

 

平成17年 結成40周年記念行事(ゆたか緑地)

 

平成18年 第14回日本ジャンボリー参加(石川珠洲)

 

平成22年 第15回日本ジャンボリー参加(朝霧高原)

 

平成23年 第22回世界ジャンボリー参加(スウェーデン)

 

平成25年 第16回日本ジャンボリー参加(山口きらら浜)

 

平成27年 結成50周年記念行事(浜松市立青少年の家)

     第23回世界ジャンボリー参加(山口きらら浜)

活動地の紹介